鎮痛剤

コビックスで痛み和らぐ!よく効く鎮痛剤選び

鎮痛剤の注意点

注意点

発熱、歯痛やノドの腫れ、頭痛、女性特有の生理痛など一般的にあらゆる痛みに効き目を発揮し市販薬としても売られているロキソニンという鎮痛剤があり、日常生活での使用機会は少なくなく誰でもしっている解熱鎮痛薬になります。
これはNSAIDsに分類されている薬でありますが、弱点として胃腸に副作用が出やすく、アスピリン喘息を持っている場合には使用ができない薬でもあり、医療機関での処方のさいには胃薬と一緒に処方される機会が多い薬です。
痛みを一時的に緩和してくれ即効性がある便利な薬ではありますが、やはり胃腸が弱い方には扱いにくい薬となります。
そこで改良され同様にNSAIDsに分類されているセレコックスという鎮痛剤があり、この特徴は胃腸におこる副作用を抑えることができ、一定量の服用であればアスピリン喘息をもっている方でも服用を可能にしてくれます。
セレコックスとは、即効性はないものの持続性が高められており、ロキソニン同様にあらゆる炎症や解熱の効果を発揮してくれます。
炎症などを抑える仕組みは、生理活性物質であるCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素の働きを阻害することで炎症などを抑えられると言われており、この酵素は構造上2種類のCOX1とCOX2があり、1は細胞内に常にあるもので胃の粘膜の保護を行っており、2は身体が傷ついたりあるいは炎症などを起すことで組織内に増え痛みのもとになります。
ロキソニンはこの2つに作用してしまうため胃腸に副作用を伴いやすいとされていますが、セレコックスは2にのみ作用するので副作用の発現を抑えられていると言われています。
またジェネリックも登場しておりコビックスという商品名で販売が行われていますが、使用は自己責任となりコビックスも長期の服用によって心臓系の血管に悪影響を及ぼす可能性があるので十分に注意し慎重に服用を行わなければなりません。
どの薬も症状を抑える上では非常に便利な薬ではありますが、あくまで一時的に症状を抑えているだけであり、根本的な治療を行っているわけではなく対症療法となるのでしっかりとした治療を行わなければなりません。