鎮痛剤

コビックスで痛み和らぐ!よく効く鎮痛剤選び

ロキソニンと同じ分類の薬

痛い

鎮痛薬として有名な薬にはロキソニンがありますが、同じNSAIDsに分類される解熱鎮痛薬にはセレコックスという薬があります。
セレコックスとはロキソニンの弱点でもあったアスピリン喘息や胃粘膜に起こる障害をなくすように開発された薬です。
有効成分はセレコキシブとなります。
痛みを和らげる効果は同じですが、2つの薬には特徴があり、ロキソニンには即効性、セレコックスには持続性があるので、症状や状況によって使い分けても良いです。
痛み以外にも効果があり、腫れや炎症などの症状に対しても効果があります。
使用前の注意として対症療法となるので、痛みなどの原因となる病気そのものを治療することはできません。
関節症やリウマチ、肩関節周囲炎、腰痛などの痛みに効果を発揮し、歯の痛みや抜歯後の痛みに、痛み止めとして用いられることもあります。
副作用には、胃腸障害がありますが、他の痛み止めに比べて少ないとされていますが注意は必要です。
発疹が出たり、喘息の発作が現われることもあるので、持病に喘息がある方やアレルギー体質の方は服用に注意が必要であり、胃腸障害の副作用が少ない一方で長期の服用は心血管系に悪い影響がでる場合があり、使用期間が長いと脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。
軽い症状として、下痢や吐き気、口内炎、腹痛などが起こる事があります。
発現率は稀ですが、胃腸障害が起こることもあり、胃出血や胃潰瘍など重い症状がでることがありますので念のために服用後には注意が必要です。
ジェネリック医薬品も登場しており、コビックスという商品名で販売が行われています。
コビックスは効果・効能、副作用なども同様となっているので安心して使用でき、先発薬に比べて安く購入することができます。
鎮痛薬の長期連用は副作用の発現率も高まり、危険性が高まってきてしまうので、補助薬として使用するように痛みの原因となっている症状の治療を行っていきましょう。


セレコックス(鎮痛剤)を通販して痛みを軽減する:お薬なび